何で飲む?

何で飲む?サプリメントを飲むときは、必ず水で飲みます。水を飲むことは人間の体にとって非常に重要ですし、水はサプリメントの栄養を損なうことがありません。冷たい水は胃腸にあまりよくないので、常温の水を用意しておくとよいでしょう。白湯でもよいです。水ではないもので飲むと、栄養吸収が悪くなるなど悪影響が出る場合があります。たとえば、緑茶で飲むとカテキンがサプリメントに含まれている栄養素の吸収を阻害することがあります。また、コーヒーや紅茶で飲むとカフェインが同じように栄養素の吸収を妨げるケースも。ジュースで飲むとビタミンCがサプリメントの成分に何らかの影響を与える可能性もあります。サプリメントは水で飲むようにしましょう。

いつ飲む?

サプリメントは栄養を補給するために飲むのですから、できるだけ効率よく栄養を補いたいものです。ただし、サプリメントは日本では食品扱いですから、細かい飲み方は指定されていません。医薬品であれば当然明記されている「一日○回、一回○錠、毎食後」といった飲み方の指導がされないのがサプリメントの特徴です。「一日○錠を目安に」という幅のある表示がなされているのも、どのくらい飲めばどんな効果が得られるかを健康補助食品では明記できないためです。効率よい摂取のタイミングとしては、ビタミンなど栄養を補給するサプリメントは食後に飲めば消化吸収されやすくなります。アミノ酸は空腹時に摂取すると効果が高いので、食後・食前30分程度で飲むと効果的です。

合わせて摂ると効果的

合わせて摂ると効果的サプリメントの中には一緒に飲まない方がよいものもありますが、逆に一緒に摂ることでより効果が期待できるものがあります。たとえば、カルシウムはビタミンDと一緒に摂ることで吸収率が高まります。マグネシウムもカルシウムの骨への定着を助けてくれますから、一緒に摂取するとよいでしょう。他にも、鉄分はビタミンCとともに摂ると吸収がよくなります。アミノ酸はビタミンCと摂ると抗酸化作用がより高まります。また、ビタミンBにはB6やB12など種類がありますが、ビタミンB群として一つにまとめられているサプリメントが多いですが、これも同時に摂ることで相乗効果が出やすくするためです。飲み合わせ知って合わせて摂ることで、効果をより引き出すことができます。