サプリメントはいつのめばいいのですか?
サプリメントを飲むときは、必ず水で飲みます。水はサプリメントの栄養を損なうことがありません。胃腸への刺激が少ないよう、冷蔵庫から出したばかりの冷たい水ではなく、常温の水で飲むことをおすすめします。白湯でもよいでしょう。水以外のものでサプリメントを飲むと、栄養吸収が阻害される場合があります。たとえば、緑茶で飲むとカテキンが作用してサプリメントに含まれる栄養素の吸収を阻害することがあります。コーヒーや紅茶のカフェインも同じように消化吸収によくない影響を与えることがあります。ジュースのビタミンCも飲み合わせによっては何らかの影響が出る場合があるので、サプリメントは水か白湯で飲むことをおすすめします。
サプリメントはいつ飲めばいいいのですか?
サプリメントは栄養を補給するために飲むのですから、できるだけ効率よく栄養を補いたいものです。ただし、サプリメントは日本では食品扱いですから、細かい飲み方は指定されていません。医薬品であれば当然明記されている「一日○回、一回○錠、毎食後」といった飲み方の指導がされないのがサプリメントの特徴です。「一日○錠を目安に」という幅のある表示がなされているのも、どのくらい飲めばどんな効果が得られるかを健康補助食品では明記できないためです。効率よい摂取のタイミングとしては、ビタミンなど栄養を補給するサプリメントは食後に飲めば消化吸収されやすくなります。アミノ酸は空腹時に摂取すると効果が高いので、食後・食前30分程度で飲むと効果的です。
サプリメントはたくさん飲んでもいいのですか?
サプリメントはあくまで足りないものを必要なだけ補給するために摂取するものです。サプリメントによってある栄養素をたくさん摂ったからといって、そのぶん症状が早く改善するとか、絶対に病気にならないということはありません。むしろ過剰摂取になれば、体に大きな負担がかかります。どんなサプリメントでも消化吸収する過程が必要ですし、他の栄養素の吸収を妨げることも考えられます。大事なことは、いろいろな栄養素を必要なだけバランスよく
摂取することで、特定の栄養素だけ摂り過ぎるのはよくありません。実際に、過剰摂取が原因でいろいろな病気のリスクが高まるというデータも出ています。健康のためにサプリメントを摂るなら、メーカーが指定する分量を守りましょう。
サプリメントの効果的な摂り方はありますか?
まず、サプリメントは継続的に飲みましょう。薬ではないので即効性があるわけではありません。足りない栄養素を補いつつ健康を維持するために飲むのがサプリメントですから、少なくとも一ヶ月以上は継続して飲み、様子を見ることが大事です。次に、サプリメントの性質に合わせたタイミングで摂取しましょう。ビタミン類の補給をするサプリメントであれば、食事の後に飲むのがおすすめです。プラセンタなど美容系のサプリメントは、食べ物と一緒に消化されないほうがよいので、空腹時や寝る前などがおすすめです。また、摂取量を守って飲みましょう。過剰摂取になってしまったら逆効果になってしまいます。たくさん飲めばそのぶん効果が上がるわけではないことに注意してください。
サプリメント摂取の注意点は何ですか?
サプリメントを摂取する際の注意点は、まず薬との飲み合わせに注意することです。サプリメントの種類によっては、現在飲んでいる薬と併用するとよくないものもあります。いま服用している薬がある人がサプリメントを飲みたい場合には、医師や薬剤師に相談するようにしましょう。また、サプリメントは過剰摂取にも気をつける必要があります。たとえば、ビタミンCなど水溶性ビタミンは摂取しすぎても尿として体外に排出されますが、ビタミンAやEは水溶性でないので体内に残存してしまいます。リン、ナトリウムなどのミネラルも体には必要なものですが、過剰に摂取するとミネラル過剰症になり、カルシウムの流出を促進してしまうことがあります。