プラセンタの質で選ぶ

プラセンタの質で選ぶ美肌や健康によいといわれているプラセンタ。プラセンタ(Placenta)とはほ乳類の胎盤のことで、一般的には胎盤から抽出された成分のことを指します。胎盤はほ乳類の赤ちゃんがへその緒を通じて栄養をもらう大事な部分で、十月十日赤ちゃんを育む重要な役割を果たしています。プラセンタは主にほ乳類の胎盤から抽出されます。ただし、人プラセンタは医療機関が治療で使えるもので市販のサプリメントには使えません。サプリメントには主に豚と馬のプラセンタが使用されています。中でも高品質なプラセンタとして馬プラセンタが今注目を集めています。動物性プラセンタと類似の効果があるとして植物性プラセンタと呼ばれるものもあります。

馬プラセンタがよい理由:成分が凝縮している

馬プラセンタが良い理由は、成分のよさにあります。まず、馬は豚よりも体温が高い動物なので、寄生虫の心配が少ないとされています。寄生虫が多いと薬剤を使って駆除したりワクチンを投与したりするのでプラセンタへの影響が気になりますが、馬の場合はその心配がないといえます。狂牛病のような人間へ感染する病気もありません。また、馬は他の動物と異なり、一年に一回しかお産をしません。人のように長い間お腹の中で一頭の赤ちゃんを育てます。そのため、胎盤にはたっぷり栄養素が詰まっていて、そこから抽出されるプラセンタにも数々の栄養が凝縮しています。豚プラセンタにはない必須アミノ酸や準必須アミノ酸をたくさん含んでいるなど、栄養価が高いプラセンタなのです。

馬プラセンタがよい理由:管理体制が整っている

さらに馬プラセンタが良い理由は、管理体制がしっかりしていることです。各メーカーとも馬の生育環境を整え、衛生管理がしっかりしている農場を厳選しており、感染症などの病気などのチェックも怠りません。加えて、熱による殺菌処理が行なわれる工場で生産されたものならば、高水準・高品質で安全性の高い馬プラセンタを安定的に抽出していると考えられます。動物性のプラセンタということで衛生面や安全面が気になる人もいるかもしれなませんが、国内生産の馬プラセンタに関しては環境整備がなされているといってよいでしょう。中でもサラブレッドは徹底的に管理された中で育てられ、出自もはっきりしている馬ですから、ますます安心できます。

馬以外にはこんなプラセンタサプリも

プラセンタサプリには、馬以外のものもあります。

豚プラセンタ

市販されているサプリメントの中では、最も多いプラセンタです。出産回数と出産個体数が多いので大量生産ができるため、コスメやサプリで多く使われています。

羊プラセンタ

ヨーロッパなど海外では一般的なプラセンタです。アミノ酸の組成が人に近いので悪い反応が起こりにくく吸収されやすいという特徴があります。

ヒトプラセンタ

人の胎盤から抽出されるプラセンタです。医薬品としてだけ使用が認められており、コスメ製品や食品に使うことは日本では禁じられています。

植物プラセンタ

植物の胎座から抽出されるプラセンタに似た成分です。胎座には発芽を促す成分が詰まっており、動物の胎盤と同じような働きをしています。